TESSEN

MENU CLOSE
   

刀匠が鍛えし
和鋼「玉鋼」

玉鋼は純度の高い炭素鋼で、
叩き、伸ばすことで鍛えられ
焼きを入れて硬くすることができるため、
昔から日本刀や
刃物の材に用いられていました

   

FORGING

刀匠が鍛えし和鋼「玉鋼」

Swordsmith was forged Japanese steel

 村下(むらげ)たちは炉の様子や吹き上がる炎の色を見ながら、30分おきに炉の中へ砂鉄と炭を交互に入れ続け、3日3晩燃やし続けると中に約3tの「鉧(けら)」と呼ばれる塊ができます。その中の不純物の少ない良質な部分を取り出したものが「玉鋼」です。玉鋼は、純度の高い炭素鋼で、叩き、伸ばすことで鍛えられ、焼きを入れて硬くすることができるため、昔から日本刀や刃物の材に用いられていました。

 その玉鋼を扱い、美術刀剣を手掛けている奥出雲の小林家は、江戸時代中期から大鍛冶屋として一家を成し、その後、鍛刀の技を習得し刀工となりました。終戦後、刀剣づくりが絶えかけていましたが、昭和27年に作刀認可を受け、美術刀剣の刀工としての再び道を歩みはじめました。大鍛冶技術の知識を兼ね備えた作刀の技術を3代目の小林俊司氏が受け継いでいます。

[松江本部]〒690-0062 島根県松江市魚町49
     TEL:(0852)60-2539
[本  社]〒690-2801 島根県雲南市吉田町吉田2407
     http://www.tanabeco.com/