TESSEN

MENU CLOSE
   

島根の
たたら製鉄とは

山深い島根県奥出雲地方、
良質な砂鉄と森林資源に恵まれていることから、
約1400年前より日本古来の「たたら製鉄」が
盛んな地域でした。

   

ABOUT

千四百年の時を紡ぐ
「たたら製鉄」

Inherit the history of 1400 years Tatara Seitetsu

 山深い島根県奥出雲地方、良質な砂鉄と森林資源に恵まれていることから、約1400年前より日本古来の「たたら製鉄(たたら吹き)」が盛んな地域でした。室町時代までは、山中の風通しのよい斜面で炉を築き「野だたら」を行なっていましたが、江戸時代になると炉を中心とした製鉄設備を覆う建屋「高殿」で和鉄(和鋼)をつくるようになりました。

 大地から砂鉄、山の木を炭に、炉を築く良質な土を集める。この選び抜いた大自然の恵みを人が命懸けで繋いで、はじめてたたらを吹くことができます。たたら一代(ひとよ=一操業)に対し、砂鉄13tと木炭13tという膨大な量を用い、村下(むらげ)たちは炉の様子や吹き上がる炎の色を見ながら、炉の中へ砂鉄と炭を交互に入れ続け、三昼夜燃やし続けると中に約3tの「鉧(けら)」と呼ばれる塊ができます。その中の不純物の少ない良質な部分が「玉鋼」です。
 純度が高いこの貴重な鉄は、叩き、伸ばすことで鍛えられ、古くから日本刀の材料に用いられてきました。「たたら製鉄」は、現代の技術をもってしても再現不可能な、命を吹き込まれた無二の鉄なのです。

[松江本部]〒690-0062 島根県松江市魚町49
     TEL:(0852)60-2539
[本  社]〒690-2801 島根県雲南市吉田町吉田2407
     http://www.tanabeco.com/